2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リバース・プロジェクト/REBIRTH PROJECT
Diary


社会のなかで山積みにされている問題に対して、未来に向け、自分たちで解決できる方法を模索していくために、立ち上がった「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」。
俳優・映画監督 伊勢谷友介が代表、脚本家である龜石太夏匡が副代表、
リバース・プロジェクトの「衣」部門 HATCH YOU プロデューサー葛西信博などらがメインメンバー。
オフィシャルHP|http://www.rebirth-project.jp/
オフィシャルTwitter|@rebirth_project
Facebookファンページ|http://www.facebook.com/RebirthProject


月別アーカイブ: 9月 2016

ROARS ORIGINAL × REBIRTH PROJECTのミリタリーバッグが受注販売開始!

ROARS ORIGINAL
GO BAG -YUSUKE ISEYA model-

今回は「モーターサイクル・ファッション・アート」の融合を目指し、
新しい可能性に挑戦しているブランド『ROARS ORIGINAL』とタッグを組み、「GO BAG」を製作。
商品企画から伊勢谷が携わりました。
伊勢谷のこだわりのポイントも必見ですし、アイテムができるまでの過程を是非ご覧ください!

1.そもそもGO BAG って何??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●空軍用の非常用バッグだった

GO BAG・・・〔災害時などの緊急避難に備えた〕非常持ち出し袋。

もともとは米空軍の依頼で製作された脱出時携行用バッグで、
そこから災害時や緊急避難に備えた非常用のバッグとして定着していきました。
また最近では映画「トランスフォーマー」でも使われており、有名になったそうです。

 

●『ROARS ORIGINAL』のGO BAGの定番人気の理由

その背景をもとに『ROARS ORIJINAL』が普段使いしやすいようにデザインした
「GO BAG」 は定番人気のアイテムとなっています。
本来の「GO BAG」より大きさを小さめに変更し、各箇所のデザインをシンプルにしています。
「バックパックより小さくてショルダーバックより大きい」を目指して作られているので
普段使いにも最適で、収納力もある点が人気の理由のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインの収納の他に、正面に小さいマチ付ポケットが3つと、
両サイドに小型ポケットが4つあります。

 

 

 

 

 

 

 

両サイドのポケットには財布や定期などを、
正面の小さいマチ付ポケットには鍵や名刺を収納するのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

そしてバッグを背負った、ちょうど胸の部分にあたるようにショルダー部分には
スマートフォン入れがあるので、背負ったままの取り出しが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

あまり見かけない変わった形のバッグなので使い方が不安だと思いますが、
バイクに乗っても使いやすいようにデザインされているので、
身体にフィットし、多数のポケットで仕分けができる機能性と、デザイン性のある点が魅力です。

—————————————————————————
2.伊勢谷がこだわったポイント

 

 

 

 

 

 

4月から商品企画がスタートしました。伊勢谷もデザインミーティングに参加。
バッグはデザインもそうですが、機能性が非常に重要であるためその両立を目指しました。

『ROARS ORIGINAL』の代表の高橋さんに直接デザインの相談。
その上で、商品サンプルをつくっていただきました。

そして早くも5月に商品サンプルが完成。
伊勢谷自身がしっかりとサンプルをチェック。最終的な修正を依頼し、製品化していきました。

(1)アクティブなシーンでもズレない構造

 

もともとの「GO BAG」はいわゆるショルダーバッグの2点留めの構造をしていますが、
バイクに乗る伊勢谷はバイクや自転車に乗っている際の
前傾姿勢でもバッグがズレない3点留めを依頼しました。

 

バイクに乗ってもズレない構造なのでアウトドアシーンで使うのもオススメですし、
もちろん普段使いでも身体にフィットしてくれるので安心感があります。

(2)さりげなく配置したデザイン

3点留めの機能性に加え、バッグの底面にはリバースプロジェクトの再マークが刺繍されています。
前傾姿勢時や机の上にバッグを置いたときなど主張しすぎず、さりげなく見える再マークがポイントです。

メインポケットの中には『ROARS ORIGINAL』と「AIRBACK」プロジェクトのダブルネーム。
ちなみに「AIRBACK」プロジェクトのタグはシートベルトでつくられています。

(3)廃材を再利用し、アップサイクル

そして素材としては廃棄されるはずであったエアバッグを使い、
ショルダーやハンドル部分はシートベルトを使用しました。

エアバッグは一枚一枚表情が異なるため、1つとして同じバッグはありません。
世界にひとつしかない自分だけのバッグとなると、より愛着がわくのではないでしょうか。
いくつかの例をご紹介します!

▲「INSPECTION OK」(検査済み)というプリント。

▲スマホ入れ部分に入っていた数字と英語のプリント。

▲正面のマチ付ポケットに入っていた数列のプリント。

▲ドット柄のようなプリント。

※必ず上記のようなプリントが入っているとは限らなく、真っ白なタイプも存在します。柄はお選びできないので予めご了承ください。
※エアバッグは爆発して取り出すため、洗浄はしておりますが元々の汚れやシミがまったくないわけではありません。予めご了承ください。

—————————————————————————
3.廃材から作られているから安い!?

ROARS ORIGINAL × REBIRTH PROJECT
GO BAG  - YUSUKE ISEYA model -
¥25,920 (tax in)

●時間とコストがかかる理由

エアバッグの商品ができるまでには多くの特別な過程を踏みます。
まず、廃車解体施設でエアバッグを爆発させ取り出します。
そして人命を守るために特殊な方法で縫製された頑丈なエアバッグを解いていきます。

次に爆発時に付着した汚れや油を落とすために洗浄して初めて製品化できる状態の生地になります。
さらに頑丈な生地であるが ゆえ一般的なミシンでは対応できず縫製できる工場は限られ、
かつ通常の縫製よりも工程に時間がかかってしまいます。

●障害者の自立支援にもつながるバッグ

今回のこの「GO BAG」を生産する上で、
上記の過程の「エアバッグを解体する」という作業を障害者の方々に行ってもらいました。

障害者が自立した生活が送れるようになることを目的に、
生活リズムを整えたり、集団生活に慣れたり、病気とうまくつき合って行けるような
支援を行なっている社会福祉法人があります。

障害者の方々が労働をし収入を得るための機会のひとつとして、今回依頼をし提携しました。

▲まず職員の方が解体するポイントをつくります。

▲障害者の方に渡し、ポイントの場所を教えます。

▲そのポイントから縫製された糸を両手で持ち、

▲両サイドへ引っ張ると解けていきます。

▲力をいれつつも生地が裂けないようにする繊細な作業です。

▲この撮影の際に出来上がった「GO BAG」を初めて持っていきました。
自分たちが解体したエアバッグがどのような商品になっているのか知ることができ、非常に喜んでいました。
—————————————————————————

ここまで「GO BAG」が出来上がるまでの過程をご紹介してきました。

『ROARS ORIGINAL』のデザインと、伊勢谷のこだわりがつまった、ファッショナブルで機能的なバッグ。

そして廃材を再利用し、障害者の自立支援にもつながるバッグです。

ぜひファッションも楽しみ、社会課題にも目を向けてみてください。

—————————————————————————————————————
気になる方は是非Rebirth Projectのオンラインストアへ!↓
ROARS ORIGINAL × REBIRTH PROJECT
GO BAG  - YUSUKE ISEYA model -
¥25,920 (tax in)


【MADE IN JAPAN】

【MATERIAL】
フェイス:エアバッグ(ナイロン66) 100%
ハンドル:シートベルト 100%
サイドラインの付属テープ、パイピング部分:ナイロン100%

【SIZE】
横150mm× 縦520mm×マチ150mm

【COLOR】
このシリーズはエアバッグやシートベルトを再利用していますのでカラーにつきましては白の生地のアソートとなり、一点一点デザインが若干異なります。
ご了承ください。

【AIRBACK PROJECT】エアバック プロジェクト
車が廃棄される際に、ほとんどの部品がリサイクルされているなかで、頑丈故に廃棄するほかないのがエアバックとシートベルトです。
人の命を守るために機能してきたもの(AIRBAG)に、命を吹き込んで市場に返すこと(BACK)を目的に商品開発などに取り組んでいます。

【ROARS ORIGINAL】ロアーズ オリジナル
「モーターサイクル ファッション アート」の融合を目指し、新しい可能性に挑戦しているブランドです。

 

●『ROARS ORIGINAL』のGO BAGをさらに改良した3つのポイントとは?

4月から


4月から商品企画がスタートしました。伊勢谷もデザインミーティングに参加。
バッグはデザインもそうですが、機能性が非常に重要であるためその両立を目指しました。


カテゴリー: 未分類 |