2017年6月
« 4月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リバース・プロジェクト/REBIRTH PROJECT
Diary


社会のなかで山積みにされている問題に対して、未来に向け、自分たちで解決できる方法を模索していくために、立ち上がった「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」。
俳優・映画監督 伊勢谷友介が代表、脚本家である龜石太夏匡が副代表、
リバース・プロジェクトの「衣」部門 HATCH YOU プロデューサー葛西信博などらがメインメンバー。
オフィシャルHP|http://www.rebirth-project.jp/
オフィシャルTwitter|@rebirth_project
Facebookファンページ|http://www.facebook.com/RebirthProject


月別アーカイブ: 6月 2017

愛媛シルクプロジェクト ~養蚕復活から地域共創(Co-Creation)へ~

REBIRTH PROJECTの商社部門”REBIRTH PROJECT TRADING”が取り組む「愛媛シルクプロジェクト」の説明とPRのため、愛媛県の中村時広知事、西予市野村シルク博物館はじめ関係各所を訪ねました!

商品について説明するREBIRTH PROJECT TRADING代表・河合崇

かつては世界一の生糸生産国であった日本。しかしながら、その生産量はこの四半世紀で約95%減少し、このままでは国内から養蚕業が失われてしまうかもしれません。農林水産省「地理的表示保護制度(GI=Geographical Indication)」を取得した愛媛県の銘柄生糸「伊予生糸(いよいと)」も例外ではありません。

「愛媛シルクプロジェクト」は、伊予生糸の製糸過程で生じた副産物「きびそ」を使った商品開発、ブランディング、国内外への販路開拓を行い、愛媛県、そして国内の養蚕業復活を目指す活動です。

繭の「きびそ」を活用し、様々な商品へとアップサイクルしていきます。

繭から生糸になるのは、繭のわずか17%ということをご存知でしょうか?残り83%(きびそ、サナギ等)は捨てられるか、綿などの低付加価値品として流通させるしか方法がなかったそうです。

この83%の副産物を無駄なく活用することができないかとの思いから、タオル、スカーフ、石鹸、化粧品、サプリメントなど様々な商品の開発に挑戦しています。

シルクの持つ用途や可能性の広がりをイメージし、「SILK+MORE」で「SILMORE(シルモア)」というブランドが生まれました。ロゴは”繭”とそこに秘めたあらゆる可能性が”無限大(∞)”であることを表現しています。

私たちができることは、これまで脈々と受け継いできた伝統を絶やすことなく次の世代へとバトンタッチしていくことです。このプロジェクトを通じ、より多くの方に国内養蚕業の現状や、それを絶やさないための取り組みを伝えることができればと思います。

地域を共に創る「志」を持った皆さんと連携し、地域共創していきます。

「SILMORE」商品は順次開発の上、愛媛県を中心に全国の小売店で販売予定です。

また近日、REBIRTH PROJECT ONLINE SHOPにて販売も開始いたしますので是非ご覧ください。


カテゴリー: 未分類 |