2019年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
リバース・プロジェクト/REBIRTH PROJECT
Diary


社会のなかで山積みにされている問題に対して、未来に向け、自分たちで解決できる方法を模索していくために、立ち上がった「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」。
俳優・映画監督 伊勢谷友介が代表、脚本家である龜石太夏匡が副代表、
リバース・プロジェクトの「衣」部門 HATCH YOU プロデューサー葛西信博などらがメインメンバー。
オフィシャルHP|http://www.rebirth-project.jp/
オフィシャルTwitter|@rebirth_project
Facebookファンページ|http://www.facebook.com/RebirthProject



ついに発売開始!社会課題の解決方法を考えるカードゲームTHE SDGs Action cardgame「X(クロス)」

金沢工業大学で社会課題解決型ビジネス(SDGs/BoP/ソーシャルビジネス)の研究をおこなうSDGs Global Youth Innovatorsとリバースプロジェクトによる有志チームにより開発されたカードゲーム、THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」。

「多くの人にSDGsを知ってもらうには?」「社会をよりよくするためのアクションを増やすには?」そんな想いから、学生チームが主体となり本プロジェクトがスタートしました。
そして2018年9月にスタートしたクラウドファンディングでは、多くの方のご支援の元、支援総額3,326,000円が集まり無事にゴールを迎えることができました。

そしてこの春、本プロジェクトから生まれた製品版がついに発売開始!
リバースプロジェクト オンラインストアから購入できます。

SDGsを、もっと身近に。もっと楽しく。一人ひとりのアクションにつなげるために。

さまざまな方法を検討する中で、SDGsを学ぶことも、アイデアを創出も、行動することも、まずは「楽しさ」が重要だと考えました。

そこで、一見難しく思えるSDGsやアイデア創出を、簡単に・楽しくできることを目指し、学びとアイデア創出の過程をゲーム化してしまおうという発想から、カードゲーム制作の構想がうまれました。

カードゲーム形式にしたことで、「意気込みがいらない」「アイデア創出が簡単」「汎用性が高い」といったメリットがあります。
さらに、アイデア創出のノウハウを、カードを使って「型」として身につけることができるため、身の回りにある社会課題解決の方法を考えるときにも応用ができます。

これまでも金沢工業大学SDGs推進センターのウェブサイトから無料ダウンロードが可能でしたが、製品化の要望にお答えし、この度ついに製品の完成&発売を開始することができました。

一見難しく思えるSDGsの理解や、目標達成のためのアイデア創出を、簡単に・楽しくできることを目指す本製品。企業や自治体での活用事例も増えています。

▲「共共ワークショップ」 リバースプロジェクトとNECソリ ューションイノベータ、関連 企業さまと行った企業間の 共創体験 ワークショップ

参加者からは、「複数の企業、自治体、市民や異なる業種、多様なリソースの組み合わせにより、新しい視点、アイデア、可能性が生まれ、課題解決の方法が生まれることを体験できた」「改めて自社の強み・良いところを実感できた」、「カードゲームによって目的、問題を探すことができた」などの意見もあがり、普段は考えない社会課題を身近に体感することで、参加者全員が「未来に向けた一歩」を踏み出すきっかけにしていただきました。

SDGsにおいて最も重要な「誰一人取り残さない」という理念を実現するため、そして「環境」「経済」「社会」がバランスよく成長する社会をつくるアイデアをみんなで創出してみましょう!

本製品の販売による利益は小・中・高・大学生への認定ファシリテーター育成講座の無償提供、ジャパンSDGsユースサミットへの参加支援など、次世代を担う若者に対するSDGsの普及活動に使用させていただきます。


カテゴリー: 未分類 |