2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
リバース・プロジェクト/REBIRTH PROJECT
Diary


社会のなかで山積みにされている問題に対して、未来に向け、自分たちで解決できる方法を模索していくために、立ち上がった「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」。
俳優・映画監督 伊勢谷友介が代表、脚本家である龜石太夏匡が副代表、
リバース・プロジェクトの「衣」部門 HATCH YOU プロデューサー葛西信博などらがメインメンバー。
オフィシャルHP|http://www.rebirth-project.jp/
オフィシャルTwitter|@rebirth_project
Facebookファンページ|http://www.facebook.com/RebirthProject



国際女性デー「WHITE RIBBON RUN」をサポート!

世界中の女性が安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して支援活動を行っている「WHITE RIBBON RUN 2017」大会公式TシャツをREBIRTH PROJECTがデザイン!

デザイン、素材に込められたメッセージ

2017年3月4日(土)、5日(日)に開催された「WHITE RIBBON RUN 2017」メイン会場には547名が参加。バーチャルランには日本を含め世界15カ国からの参加があり、合計1800名以上が参加されました。

今回の大会公式TシャツのデザインはREBIRTH PROJECTのアーティストである藤元明が担当!

妊娠、出産により「死」と隣り合わせであること。その表裏一体の事実を表現するため、「黒」を採用。世界37億人の女性を思い、リボンのらせん構造が永遠性や死生観を表現しました。グローバルにつながるサステイナブルなホワイトリボンの活動をイメージしています。

また、素材はタウン着としても使えるコットン素材と、速乾性のあるドライ素材の2種類があり、コットン素材のみREBIRTH PROJECTの「WORK 4 BANGLA」で製作。 製作費の一部がバングラディシュの社会貢献活動に充てられます。

 

会場各所で広がる輪

また、今回のメイン会場では「食」を通じて参加者に支援先を知ってもらうため、支援先のフードが食べられるキッチンカーを配備。

REBIRTH PROJECT CATERINGオリジナルのネパールフードが大好評でした!

オープニングイベントのご挨拶では、我らが共同代表の龜石がこうコメント。

「今年のコットンTシャツはバングラデシュでつくられています。皆様もご存知のとおり、バングラディシュは ”世界の縫製工場” と呼ばれ、 ラナプラザの悲惨な事故が示したように、その労働環境が社会問題になっております。

そのなかでWORK4BAGLAは、IOCが定めている基準にのっとった労働環境を守りながらも、売り上げの一部を現地団体を通じて、女の子の教育支援に役立てています。

というのもバングラは家事使用人として12歳以下の女の子たちが働いているケースが多く、教育の機会が少ないためです。これらの資金は彼女たちのアイドルタイムに読み書きを教えるセンターの運営支援にあてています。
このTシャツを通し、世界中の女性を支援するきっかけとなれば幸いです。」

これからもREBIRTH PROJECTは「人類が地球に生き残るために」という理念のもと、多方面で活動していきます。

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |